Seize the day!! インドネシアの空の下

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧




タカラールの海です。

b0200971_16254156.jpg


この海がゴミで汚れることがありませんようにと思います。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-26 16:27 | 日々のこと

月食

6月16日、夜中3時に起きて月食を見ました。

偶然にも停電で、ご近所一帯の門灯もすべて消えて本当に真っ暗。

月食で月明かりもなく、星がすっごくきれいに見えました。

流れ星も2つ見れました。



そして月食。

b0200971_12231897.jpg


本当は一眼レフとかで三脚を使って撮ったらもっときれいなんだろうけど…。

だんだんと月の光が消えていって、赤くなっていくのを2時間くらいじっと見ました。

不思議な光景でした。感動です。


が、予想以上に寒い…。家の中は昼間の熱がこもって暑いのですが、

外は半袖でじっとしてると寒くて、太陽のすごさを実感。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-19 12:31 | 日々のこと

ゴミの捨て方

インドネシアの一般的なごみの分別方法は、

「乾いているごみ」

「濡れているごみ」

この2種類です。

プラスチックとか紙類とか、燃えないとかではなく。

b0200971_1243551.jpg


タカラールの中心地には、こういうゴミ箱が道路わきに置かれています。

左が濡れているごみ、右が乾いているごみ。

もっとほかになにか有効な分別方法があったんじゃないかと

突っ込みたくなりますが、結果すべて燃やす(燃えなくても燃やす)ので、

乾いているか濡れているかが重要なようです。

この地方だけかと思ったのですが、ジャカルタも北スラウェシも同じでした。

これをたまに大きなトラックが来て、ばーっと中身を持っていきます。

本当に「ばーっ」と。

そしてゴミを拾って生計を立てている人が、その中から換金できるものを拾っていきます。



ダイオキシンが、CO2が、とか、言いたくなるのは私が日本人だからでしょうか。

言ってみたところで、ここには日本のようなゴミ処理施設はないので

今この状況では、これが1番最善と考えるしかないのかなぁーと、もどかしい思いです。

なので、できるだけゴミを出さないよう買い物も気をつけています。




こんな分別方法とはいえ、一応ゴミ箱が設置されているならきっと、

さぞかし街はきれいなんだろう…

とは、やっぱりいかず。

どこの途上国でも問題になっているゴミ問題。

ここも同じです。

道路も、川も、浜辺も、市場も、学校裏も、どこでもゴミが並んでいます。

b0200971_1329301.jpg


大人、子ども、関係なくみんなゴミをそのへんに捨てます。

本当に流暢な動作でためらいなく「ポイ」っと。

その姿を見るたびに、本当に悲しくなります。


仮に私が「ポイ捨てしろ」と言われたらきっと、

抵抗感、羞恥心、罪悪感…と、ネガティブな感情に苛まれると思うのですが、

ポイ捨てしない日本人が偉くて、どこでも捨てるインドネシア人が悪いというわけではなく、

本当にここには、ゴミをゴミ箱に捨てるという習慣がないのです。


配属先の同僚も、ゴミ箱があるのに平気で床にゴミを捨てます。

けど、結局あとでほうきで掃除してるんです。

「その二度手間を考えたら、最初からゴミ箱に捨てればいいじゃん!!」

「自分の職場の床にゴミを捨てるの?!」と、言いたい。

ここの文化と日本の常識の狭間です。

どうやったら彼らが気づいてくれるか、効果的な方法を考えています。







先日シンガポールに研修に行ってきた同僚(そんな予算があることにビックリ…)。

彼は、そこで何に1番驚いたか。


「ゴミ収集車」と「ポイ捨て」だそうです。

「決められた日の朝、家の前にゴミを出しておくと、ゴミ収集車がやってきて

そのゴミを回収してくれる。道にはごみ1つ残っていない。

しかも、その収集車にはちゃんと扉のような蓋がついているから臭くない。

中で回転させて圧縮しているようだ。

あんなのは初めて見た。本当にすごかった。云々…

日本もそうなんだろ?」

と、その素晴らしさを延々と語ってくれました。

よっぽど感動したらしく、途中から興奮してマカッサル語になってしまい

全部は聞き取れませんでしたが…。

そしてポイ捨てに関しては、厳しく法律で禁止されていて、

レストランで当然のように煙草を吸って灰を落としたら、

店員さんに指摘されて恥ずかしかった、など。

(インドネシアは喫煙・ポイ捨て天国と言われています…)



彼のように、この国がゴミ問題に関して遅れていると気づくインドネシア人も

少しずつですが増えてきてはいます。

小学校では掃除当番も決められていて、児童がほうきで教室を掃いています。


でも、掃除してもポイ捨てするんです。

その光景にげんなりしつつ、どうにかならないもんかと思っています。

環境教育隊員ではないけれど、ここに住む1人の日本人として

将来のインドネシアの環境の為に、なにかできることがあるんじゃないか。




それはそうと最近、教育局の前の道路に立派な鉢植えが並んでいます。

見栄を張って足りない予算を使って花をずらっと並べる前に、

まずはゴミを捨てないでほしいんですが。。。



まさか「ゴミ」について、こんなに長く書くとは思わなかった(>_<)
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-12 14:05 | 日々のこと

配属先

私が配属されている“タカラール県教育局”です。

b0200971_16124177.jpg


見た目は幼稚園みたいだけど、これでも一応県レベルの教育委員会みたいなとこです。

月曜日はここに来て報告書を作ったり、

ごちゃごちゃに保管されている学校書類を整理したり、

やる気のない同僚たちに「あぁ~もう!」ってイライラしたり、

たまにまじめに働いてる姿を見て感動したりしています。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-11 16:27 | 任地活動

家の前で。

日曜日、タカラールに戻ると家の前が通れなくなっていました。

大きなテントにすごい装飾。

b0200971_18254935.jpg


こちらでは、結婚式などのお祝い事の時には

家の前の道にこうして式場を作り、近所の人たちや親戚・友人がお祝いします。



この日は、前の家の子どもがイスラム教の大人の仲間入りをするお祭りだそうです。

b0200971_18274531.jpg


南スラウェシの伝統衣装。すごくきらびやかでした。


このテントの横にカラオケステージみたいな舞台もできていて、

夜遅くまで大音量でカラオケ大会でした。


インドネシア人、とにかく盛大でにぎやかなのが好きです。


うるさくて寝れないよーなんて思いつつ、いつの間にか寝ていました。

たくましくなりました。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-07 18:37 | インドネシア文化

先月、タカラールで虹を見ました。

b0200971_12393427.jpg



眺めていたらふと、「虹の上から虹を見ることはできるのか?!」と疑問が。













そしたらなんと…本当に偶然に、

b0200971_1247552.jpg


こないだジャカルタに行く飛行機から見えたんです!奇跡!

最初は窓の光の反射かなぁと思っていたのですが…虹だそうです。

想像していた形とは違ったけど。

たしかに離陸まで久々のスコールが降っていました。

すごく感動しました。




奥のほうに見えるのがスラウェシ島です。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-05 12:58 | 日々のこと

ただいまー

ジャワからスラウェシ島に帰ってきました。

ジャカルタは排気ガスと交通渋滞はすごいけど、やっぱり快適でした。

日本食レストランやスーパーがあって、日本人向けの病院や美容院もあります。

お金さえ出せば、大抵のものは揃います。お金さえ出せば…(>_<)

日本食スーパーで、久々に見る日本食にはしゃいで、値段の高さにビックリして、

企業の駐在員さんと協力隊員の違いを再認識。

2年間はタカラール水準で生活します。せっかくの協力隊としての2年間なので。




ジャカルタに行くたびに、本当にここはタカラールと同じ国なのかと

不思議な気持ちになります。

b0200971_2275065.jpg

              ジャカルタ


b0200971_22243378.jpg

              タカラール



途上国というよりは、格差大国インドネシア。

ジャカルタはこれからもっともっと発展するだろうけど、

他の地方や島はどうなってしまうんだろうと心配です。






先日のブログで「goreng(揚げる)料理はいやだ」みたいなことを書いたのですが、

さっきの帰りの飛行機、機内食の選択肢は…

 ①mie goreng(ミーゴレン:焼きそばみたいの)

 ②nasi goreng(ナシゴレン:チャーハンみたいの)。

まさに「goreng」の王道。

1週間、ジャカルタで自由気ままに日本食をエンジョイしていた私に、

「ここはインドネシアだよ」と教えてくれた機内食。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-04 22:25 | 日々のこと

総会

総会が終わりました。

明日(今日?)、スラウェシに帰ります。


総会中、日本のこと、経費予算のこと、インドネシアのこと、活動のこと、

色んなことを考える時間がありました。

任地で1人でいては悶々とするだけのことも、

ここで仲間と話し、共有することで、たくさんの答えを知ることができました。

普段は別々の島で活動している隊員ですが、とても大切な仲間だと気付きました。

本当に充実した総会でした。

総会委員さんに感謝です。






・・・健康診断は、やっぱり体重が大幅増でした。

なんと、半年で5キロ増!

どうりで服がきついなと思いました。

いま日本の友人に会っても気づいてもらえないんじゃないかと…。

血液検査など詳細はまだわかりませんが、せめて標準値内でありますように。


と、書きつつも、大使公邸でおいしいお食事をいただき、

久々に日本食レストランに行き(しかも2日続けて)、

ドミでは、普段は食べれないピザや生野菜やヨーグルトなど好きなだけ食べました。

もう胃が破れるかと…。

そして極めつけ。
b0200971_454414.jpg


食べたい(>_<)!!!!!

日本にいる時は、特に好きでもなかったのですが

こちらに来てからは、「ジャカルタに行けばたいやきが食べられる♪」

くらい、好きです。




タカラールに帰ったら、さぼっていたウォーキングを再開します。

目指せ現状維持!あわよくば減量!
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-04 04:59 | 日々のこと

退職

気づけば退職して1年がたちました。

ついこないだのような気がしていたのに、あっという間に1年。

協力隊参加という個人的な理由での退職で、

周りに迷惑をたくさんかけてしまうというのに、

本当に温かく送り出してもらい、応援の声をたくさんいただきました。

つらいことも、嬉しいことも、色んな経験をした3年2ヶ月。

この経験があったから今の自分がある。

遠回りじゃなかったと思います。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-06-01 09:15 | 思うこと

JICA青年海外協力隊          尚子のインドネシア日記           スラウェシ島 タカラール県          青少年活動隊員          (平成22年度2次隊)
by naoko-Indonesia
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

1年たって。
at 2013-10-03 00:32
帰国オリエンテーション
at 2012-11-21 23:58
日本で感じたこと
at 2012-10-18 21:44
出国~帰国
at 2012-10-17 22:34
最後に最大のおみやげ
at 2012-10-02 19:13

ブログジャンル

画像一覧