Seize the day!! インドネシアの空の下

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




インドネシアのこと

国名:インドネシア共和国(Republic of Indonesia)

1.面積
約189万平方キロメートル(日本の約5倍)

2.人口
約2.31億人(2009年政府推計)

3.首都
ジャカルタ(人口922万人:2009年政府推計)

4.民族
大半がマレ-系(ジャワ、スンダ等27種族に大別)

5.言語
インドネシア語

6.宗教
イスラム教88.6%、キリスト教8.9%(プロテスタント5.8%、カトリック3.1%)、ヒンズー教1.7%、仏教0.6%、儒教0.1%、その他0.1%

(外務省ホームページより。2010年11月現在。)

私は派遣が決まるまで、インドネシアといえば・・・
“バリ”“ナシゴレン”とか“スマトラ島”とか、単語しか知らなくて、
島が1万個以上ある、イスラム教徒がこんなに多い(世界最大級!)、
島によって時差が3つある、
カリマンタン島はマレーシア側はボルネオ島と呼ばれてる、
パプアはインドネシアでパプアニューギニアは隣の国のこと・・・など、
知らなかったことばかり。

ここスラウェシ島の時差は日本マイナス1時間、ジャワ島はマイナス2時間、
ここより東のパプアは日本と同じです。

通貨はルピア(Rp.)で、今のレートは大体「1円=Rp.107」です。
なので、買い物に行く時は値段から「0」を2個とると日本円くらいになります。

お水600mlのペットボトルがRp.3,000なので日本円だと30円くらい。

ごはんもお店や場所によるけど、地元の人が行くお店だと
一食Rp.10,000~30,000なので100円から300円くらい。

高級ホテルや電化製品などを買うとなるとRp.1,000,000(10,000円)の単位なので
ゼロが多すぎて何がなんだか…まだこの単位の買い物をしたことはないけど、
インドネシア人って、こんなにゼロたくさんの生活で不便じゃないのかなーと不思議。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2010-11-28 13:56 | インドネシア文化

カルチャーショック

タカラールでの生活も、もうすぐ3週間です。

11月17日、衝撃の1日でした…
レバランというイスラム教の犠牲祭の日。
タカラールに来てまだ1週間の私には「とりあえず祝日だから仕事は休み」
ということしか理解できなかったのですが、この行事はすごいです。
人口の98%がイスラム教のタカラールは、朝早くから礼拝にものすごく
たくさんの人が集まり、道には人が溢れかえっていました。
こんな田舎が原宿の竹下通りみたいな感じに。

その後、各家庭(集落?)ごとに牛1頭の首を切って、お肉を分け合います。
その日は、私も家族と一緒に親戚の家に行ったのですが、道の脇で普通に牛の皮を
まるごと剥いでいるんです…本当にビックリしました。

それからは毎食、毎食…牛肉料理。朝ごはんも………牛肉…。

もともと、日本でも肉はあんまり食べなかった私。
もう1年は牛肉なしで大丈夫です。
来年のレバランまでに、うまい断り方を考えなければ…。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2010-11-28 12:54 | インドネシア文化

タカラールへ

10日、タカラールに着きました。
タカラールの印象は…「田舎」です。
田んぼがずぅーっと続いて、牛やヤギや鶏がそのへん歩いています。
まさに、東南アジアの農村です。
高床式住宅もあります。
私が住むのは、ふつうの平屋の家だけど。
しばらくは夜中2時から鳴くニワトリたちに負けないように寝ることが目標…かな。
せっかく朝4時のアザーン(外のスピーカーから大音量で流れるイスラムのお祈り)に慣れたのに。

ホームステイ先は、お父さんが郡の職員(区役所みたいな)、
お母さんが保健所の看護師さん、娘さんは10歳の小学生です。
イスラム教のご家族です。
今日はそのファミリーがマカッサルにあるおじいちゃん宅に行くとのことで、
1人で留守番は怖いのでマカッサルまでくっついて来ました。なのでネットが使える!

11日、12日と、配属先の“タカラール県 教育局 学校外教育課”に出勤(?)しました。
みんな、びっくりすりるほど「働きません」…
ぼーっとしています、みんな。
ここが2年間の私の職場…
来週から、先輩隊員にくっついて村の学習施設の巡回に行きます。
現場を見れるのが楽しみです。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2010-11-14 12:56 | 任地活動

マカッサルへ

今朝、ジャカルタ(ジャワ島)からスラウェシ島に移動しました。
今日は南スラウェシ州の州都・マカッサルで領事館など各所にご挨拶をしてきました。
空港もショッピングモールもあって、けっこう都会です。
新聞を売る子どもたちも見かけますが…

今夜はマカッサルに滞在して、明日の朝にタカラール県に入ります。車で1.5時間くらい。
先輩のシニアボランティアの方々と夕食を食べたのですが、たった1.5時間しか離れてないのに、
タカラールの村落部はマカッサルとは雰囲気も物価もまったく違うとのことでした。

任地では、一般家庭にホームステイをさせてもらいながら県の教育局と村落部で活動する予定です。
いよいよです。
活動内容の詳細はまた今度…
[PR]



by naoko-Indonesia | 2010-11-09 23:43 | 現地訓練

ジャカルタへ

昨日、現地訓練とフィールドトリップを終えてジャカルタに帰ってきました。

ジョグジャカルタでの3週間、本当に楽しかったし勉強になりました。
語学学校の先生たちやホストファミリーが恋しいです。

フィールドトリップは、列車とバスを乗り継いで4泊5日の一人旅。
悪い人に出会うこともなく、乗合バスではおばちゃんに親切にしてもらい、
ホテルでは支配人さんが「日本人の女の人が1人旅なんて!」とあれこれ心配してくれて、
列車では、隣の人に駅を聞いたら周りの人総出で「次の駅だから大丈夫」と答えてくれて、
私が騙されないように次のバスに乗るまで手を振って見届けてくれるおじいちゃんに出会い、
Tシャツにマフラー姿のちょっと怪しくて優しいお兄さんが降りるバス停を教えてくれて、
たくさんのインドネシアの人たちに助けてもらいながら、ジャカルタまで帰って来れました。

あさって、任地があるスラウェシ島に行く予定です。
ちょっと緊張…
予定表には、政府機関などへの表敬と挨拶回りだけで丸一日。
警察署にもご挨拶に行く見たいです。
それはそれで緊張…

b0200971_2101272.jpg

ジャカルタのオフィス街

b0200971_2132738.jpg

ジョグジャカルタの町

b0200971_215134.jpg

スンダ民族の電気もガスもない村

どれもインドネシア。
日本も同じだけど、ひとつの街だけではその国のことはわからないなぁと実感しました。

インドネシアのこと、青年海外協力隊のこと、あんまり書いていなかったので、
これから書いていきたいと思います。

タカラールでネットが使えるといいんだけど…
[PR]



by naoko-Indonesia | 2010-11-07 14:49 | 現地訓練

JICA青年海外協力隊          尚子のインドネシア日記           スラウェシ島 タカラール県          青少年活動隊員          (平成22年度2次隊)
by naoko-Indonesia
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

1年たって。
at 2013-10-03 00:32
帰国オリエンテーション
at 2012-11-21 23:58
日本で感じたこと
at 2012-10-18 21:44
出国~帰国
at 2012-10-17 22:34
最後に最大のおみやげ
at 2012-10-02 19:13

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧