Seize the day!! インドネシアの空の下

カテゴリ:インドネシア食( 11 )




インドネシア食 ~Nasi campur~

インドネシアの国民食(と、私が勝手に思ってる)


Nasi campur(ナシ チャンプル)

b0200971_1242369.jpg





白いご飯の上に、

鶏肉とか、ゆで卵とか、炒めた野菜とかお惣菜がいろいろ乗ってる一皿料理。

使う油も少なくてインドネシア料理にしてはヘルシー♪

お店によってお惣菜が違うので

いろんなワルン(屋台)で違いを試したくなる。

値段もワルン、レストラン、リッチにホテルかによってぜんぜん違う!

この写真はタカラールのワルンでRp.12.000-(100円ちょっと)。

バリの観光客向けホテルで食べたら、きっともう1個ゼロが増えるはず。


私はこういうローカルなワルンのが好き。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-05-12 12:18 | インドネシア食

インドネシア食 ~JALANKOTEK~

私の前任者の大好物☆

私も好きでよく食べてたら、あっという間に・・・残念な体型に。


配属先の教育局にも売りに来てくれるし、

道でも売り歩いてるし、

さらに1個Rp.1.000(10円弱)という安さ!

b0200971_2382828.jpg


見た目は揚げ餃子?

中味はニンジンやじゃがいもと炒めた春雨?

いつもよくわからず食べてるから・・・。

これを唐辛子ソースにつけて食べる。

おいしいです。

ビール!って言いたくなる。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-04-27 22:54 | インドネシア食

インドネシア食 GADO GADO

私の好きなインドネシア料理

「GADO GADO」
b0200971_1411189.jpg


もち米みたいなごはんに、

キャベツ、もやし、長豆、白菜などをゆでて、

ゆで卵と揚げせんべいをのせて、

甘辛のピーナツソースをかけた料理です。

インドネシア料理では珍しく野菜がたくさん入っててヘルシー。

見た目はごちゃっとしてるけど、イチオシ。

ちなみにこのお店のはRp.6.000(50円ちょっと)。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-04-14 07:30 | インドネシア食

~タカラール食~BEPANG

タカラールの人が声をそろえてオススメする特産品。

「BEPANG」

b0200971_02797.jpg



お米と豆をやし砂糖でコーティングしたお菓子です。

カミナリオコシのような、ポン菓子のような。

割って食べるのですが、ちょっと食べにくい。

でも味はおいしいです。



お土産と言えばコレ!

と、タカラールの人たちは胸を張って薦めるのですが・・・










かさばる!!











1パックの大きさが箱ティッシュくらいあるんです。

そしてけっこう重い・・・。





前任者はスラウェシを発つ当日、ホストファミリーたちに満面の笑みで

これを大量にに持たされていて・・・。すごかった。

この写真のBEPANG山も、

先日任期を終えてタカラールを発たれたSVさんからのおすそわけです。

ご近所さんたちにいただいたそうですが、とても荷物に入りきらないからと。

もちろんタカラールの人たちには内緒です(>_<)



ちなみに帰国時、インドネシア隊員はそれぞれの島から一旦ジャカルタに行き、

そこで大使館表敬や省庁報告会などがあるのですが、

国内線の預け荷物は20KG上限。

ジャカルタ→成田は航空会社のご厚意により特別に40キロまで(46キロになった?)

許容してもらえます。

この20キロの差、どうやって国内線を乗り切るかが帰国隊員の悩み。。。

超過料金もバカにならないんです。

そのうえ大量の「BEPANG」・・・






タカラール隊員の宿命ですね。

ある意味、こんなにしてもらってありがたい。

帰国時のBEPANGの量は、イコール人徳??


今年6月に帰国する隊員は、ちょうどその頃にオフシーズンの果物を予測して

今から周囲に「大好物~」とアピールして切り抜ける作戦を立てています。

結果はどうなるか・・・
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-03-20 00:54 | インドネシア食

~インドネシア食~Pallu butung

パル ブトゥンです。

b0200971_23583526.jpg

こちら、前任者がよくお泊りしていた家のミナおばあちゃん特製。

ゆでたバナナとココナッツの皮の内側を溶かしたのとシロップと・・・。なんだろう?

材料はいまいちわかりませんが、おいしいです。

1食分くらいのボリュームがあります。(食べかけの写真でごめんなさい)

できたての熱いうちに食べるのがオススメ。



屋台だと、これにカキ氷が乗っていて、

b0200971_033914.jpg

こうなります。 Es Pallu Butung (Es=氷)

これをインドネシア人の友達に連れられて食べに行ったとき、

氷が、どう見てもかびてるまな板の上に置かれていて、

氷の上には雑巾かと思うような布がかぶされていて、

氷を削るカンナ?は見事にさびていて、

私はカキ氷抜きでいいって言いたかったけど、

友達は「ここのはカキ氷が乗ってておいしいよ」ってすごく勧めるから断れず、

お腹くだすの覚悟で帰ったらすぐに薬飲もう、

破傷風は経口感染しないから大丈夫、とか曖昧に自分を納得させて、

食べました。



で、帰って薬飲むのもすっかり忘れてた私ですが、

奇跡的に(?)何事もなく、いたって元気でした。

たくましくなった!!
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-03-06 22:53 | インドネシア食

くだもの その2


2月か3月くらいに書いた「くだもの」ブログの続きです。



「ジェルック・バリ」

b0200971_2211570.jpg

               


おっきなグレープフルーツです。


大きさは・・・

b0200971_315575.jpg



人の顔くらい。

b0200971_318212.jpg


包丁使って、力ずくで開けます。

おいしい。









「ジャックフルーツ」

b0200971_3251767.jpg

落ちてきそうで怖い。



若いのは野菜、熟れたのはくだもの。

b0200971_326249.jpg

これはくだもの。


甘いです、とにかく。

エス・ブアに入ってるとおいしい。









「ランサット」

b0200971_3324746.jpg



私のなかで、くだもの №1!!

にがいグレープフルーツみたいな感じです。

ぶどうより少し大きいくらい。

すごく好きなんだけど、

手がべたべたするのが困る。

石けん使っても落ちないくらいべたべたするんです。

でも、おいしい。

今だと1キロ80円くらい。

しあわせー。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-12-18 04:06 | インドネシア食

豊作

今年は乾季がしっかりあったので、


果物が大豊作です。


スイカも、
b0200971_1204591.jpg



メロンも、
b0200971_1214471.jpg

(テントの下で撮ったら色がオレンジに…本当は普通のきみどり色)


マンゴーもランブータンも、


とにかくたくさん売られています。


しかも感動するのは、その甘さと安さ!


スイカは大きさにもよるけど一玉Rp.5.000~Rp15.000(50円~150円弱)、


メロンは一玉Rp.5.000-(50円弱!!!安すぎると思う…)、


ランブータンとマンゴーも大体1キロRp.15.000-(150円弱)くらい。



本当に甘くておいしい!



贅沢な食べ放題生活☆
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-11-13 12:19 | インドネシア食

今世紀ナンバー2?

帰国した調整員が「チョト」をナンバー1と言うのなら、

私が推すインドネシア料理はナンバー2・・・?



b0200971_1339468.jpg


「Es Buah」エスブア


氷と、果物と、寒天と、ナタデココと、シロップ。
きみどりのはいもむしじゃありません。


断食月は毎日18時にこれを食べる。

もちろん、ふだんもあります。

道の脇に、だーっと屋台が出ていて。



先日これを食べたJICA関係者の方(日本から来てた)は「強烈」の一言。。。

でも、「おいしい」とも言ってました!





隊員仲間には「インドネシア料理で舌が麻痺してハードルが下がってるんだよ」と、

さんざん言われるけど、好きなんです。


おなかが強い人、ぜひオススメです。


チョトを食べて、デザートにエスブア食べたら、今世紀ナンバー1,2制覇。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-10-10 06:00 | インドネシア食

今世紀ナンバー1

先月末に任期を終え帰国されたボランティア調整員。

協力隊員とシニアボランティアのサポートをしてくださるJICAスタッフです。


その調整員が、21世紀が始まってまだ10年ちょっとしかたっていないのに

「今世紀ナンバー1!!」と認定したインドネシア料理。





それが…






b0200971_23252620.jpg

             




「チョト・マカッサル」





南スラウェシの名物料理です。


右側のスープの中味は水牛の内臓。

左上の葉っぱにくるまれたごはんと一緒に食べます。




…が、私はこれが苦手。

水牛の内臓…(+_+)

乾季で沼の水が干からびて、ただの牛となってしまっている水牛。

水浴びもできずにかわいそうに…。

と、思うくらいにして、そこから先の「チョト」になる経過は

あんまり考えないようにしています。




調整員曰く、任期が終わって何が悲しいって、

「チョト・マカッサルが食べられなくなること」だそうです。

今ごろ日本で恋しがってるはず。


さらに、先日ジャワ島から来ていたスポーツ隊員。

「おいしい、おいしい」と、なんと4杯もおかわり…。



彼らをこんなにも虜にする「チョト・マカッサル」。

今世紀ナンバー1。

ぜひ1度、食べに来てください。






ちなみに「チョト・クダ(馬の肉)」もあります(>_<)
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-09-27 06:11 | インドネシア食

やさい

くだものに続き、インドネシアの野菜のこと。

b0200971_23315177.jpg


トマト、トウガラシは種類も多く“インドネシア”のイメージ通りだったのですが、

思っていた以上に、色んな野菜があります。

b0200971_2338653.jpg


白菜、大根、タマネギ、ニンジン、ネギ、豆類、とうもろこし、オクラ

キャベツ、サツマイモ、ブロッコリー、カリフラワー、きゅうり、ナス…

まさかここで白菜や大根が食べれるなんて感激です。

なので、隊員仲間で鍋パーティーもできます。

インドネシア人は「鍋文化」がないので…。暑いしね。


ちなみにタカラールはお米とトウモロコシがたくさん獲れます。

「トウモロコシ通り」と呼びたくなるような畑の道がいくつもあります。

トウモロコシ好きの私は、赴任当初に嬉しさ極まっていたのですが、

味は・・・・・・・・(^_^;)でも、この味もきっと2年間の思い出になるはず。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2011-03-01 23:56 | インドネシア食

JICA青年海外協力隊          尚子のインドネシア日記           スラウェシ島 タカラール県          青少年活動隊員          (平成22年度2次隊)
by naoko-Indonesia
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

1年たって。
at 2013-10-03 00:32
帰国オリエンテーション
at 2012-11-21 23:58
日本で感じたこと
at 2012-10-18 21:44
出国~帰国
at 2012-10-17 22:34
最後に最大のおみやげ
at 2012-10-02 19:13

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧