Seize the day!! インドネシアの空の下

あれから1年

東日本大震災から1年。


インドネシアでは、パプア州に到達した津波で1人が亡くなり、

スラウェシ島も津波警報が出されていました。

私はテレビから流れる日本の映像に、ただ茫然としていました。

あれから1年。





この1年、本当にたくさんのインドネシア人から日本を心配する言葉をいただきました。

「被災地の状況は?」

「日本の家族は無事なのか?」

「復興は進んでいるのか?」

「祈ってるよ」

見知らぬ人にも、道を通りかかった人にも、子どもも大人も。

震災直後はもちろん、1年がたつ最近でも。




インドネシア人にとって日本は、日本人が思っている以上に近くて大きい存在のようです。

それは、たまたま日本人の私がいたから言葉にして伝えられただけであって、

私がいなかったとしても変わらない気持ちだと思います。




数年前のスマトラや中部ジャワの大地震のとき、

日本にいた私にとって、それは遠い海外の出来事でした。

テレビのニュースの1つ。



でも、インドネシアの人たちは日本の震災を自分たちのことのように

悲しみ、心配し、復興を祈ってくれました。



去年の3月。

マカッサルで開催されたチャリティイベント。→2011年4月2日ブログ「相思」

今でもあの日のことを思い出すと、感謝の気持ちでいっぱいになります。

日本はこんなに愛されているんだと。

助け合うとか、ボランティアって、こういうことを言うんだと。

ここで協力隊として活動していくことに不安を感じていた私にとって、

彼らが日本のためにしてくれたことへの感謝の気持ちが、

タカラールの子どもたちへの活動をすることで還元できないかと思いました。


「困ったときはお互いさま」→2011年3月20日ブログ「報恩」

そういう連鎖がずっと続いていくことを願います。






日本がまた元気になりますように、心より祈っています。
[PR]



by naoko-Indonesia | 2012-03-11 23:06 | 思うこと

JICA青年海外協力隊          尚子のインドネシア日記           スラウェシ島 タカラール県          青少年活動隊員          (平成22年度2次隊)
by naoko-Indonesia
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

1年たって。
at 2013-10-03 00:32
帰国オリエンテーション
at 2012-11-21 23:58
日本で感じたこと
at 2012-10-18 21:44
出国~帰国
at 2012-10-17 22:34
最後に最大のおみやげ
at 2012-10-02 19:13

ブログジャンル

画像一覧